本木雅弘の嫁・内田也哉子の惚れた理由に萌える!馴れ初め~結婚までのドキドキエピソードを紹介!

皆さんこんにちは! こんばんわ!

 

今日は本木雅弘さんいついて調べていきましょう!

 

本日のメインになってくるお話は本木雅弘さんのお嫁さんについて、そしてお嫁さんとの馴れ初めです。

 

お話によると馴れ初めがかなりの衝撃エピソードなのだと言われておりますが、いったいどんなエピソードなのでしょうか?

 

他にも本木雅弘さんのお嫁さんはどんな人なのか?

 

2人の間に子供はいるのか?

 

この辺りに焦点をしぼってまとめていきます!

 

馴れ初め・・・なんて甘美な響きなんだろうか!そこに痺れる憧れるう!

全体的に意味不明なので突っ込めないけど、本日もいってみましょう!

本木雅弘の嫁の内田也哉子はどんな人?

それではまずは本木雅弘さんのお嫁さんはどんな人なのかを紹介していきます。

 

本木雅弘さんのお嫁さんの名前は内田也哉子(うちだややこ)さんです。

 

初見で読めない名前でした内田也哉子さんですが、どんな女性なのでしょうか?

 

View this post on Instagram

 

也哉子さんはdriesがよく似合う。好き。 #内田也哉子 #driesvannoten #よく似合う人 #個性が服と共鳴してる

A post shared by keiwa (@keiwa_real_life) on

非常に知的な雰囲気が漂う上品な女性であります。

 

自身は本やエッセイを出版したり音楽や映画出演もしていてかなり勢力的に活動しております。

 

親が芸能人

お父さんはミュージシャンであり俳優の内田裕也さんです。

最高にロックンロールな父親ですね!

 

お母さんは女優の樹木希林さんでございます。

すごいなあ血筋がいいなあ、羨ましいという感じのご両親から生まれました。

 

年齢や生年月日

生年月日は1976年2月11日生まれです。

 

2020年現在だと44歳になりました。

 

9歳の時にニューヨークへ強制留学!英語がペラペラ!

内田也哉子さんは9歳の時のことでした。

 

樹木希林さんにニューヨークの田舎に連れられて強制的に1年留学させられたことがあったそうです。

 

当時通っていたインターンスクールの校長先生の弟のところに預けられたそうです。

 

母に連れられてニューヨークに行った也哉子さんですが、樹木希林さんに「近所に挨拶してきなさい」と言われて挨拶している間にもう日本に帰ってしまったそうです。

 

内田也哉子さん、異国の地でいきなり完全放置となりました(笑)

 

その前は日本の都内のインターンスクールに通っていたとはいえ、これはとんでも事件でございますね。

 

相手のアメリカ人家族も「こんな早く帰るの?!」と驚愕していたそうです(笑)

 

樹木希林さんの教育方針もあったと思いますが、ほぼ別居したり夫が長い間帰ってこないという生活だったのでシングルマザーの状態で内田也哉子さんを育てたわけです。

 

内田也哉子さんは子育て疲れで休みたかったのか?もしくは校長先生の弟がお金が欲しかったのか色々と考えておりましたが、帰ってしまった母に対しては「何だか母らしいなあ」と思ったそうです。

 

その後は度々留学した影響で英語はペラペラになったそうです。

フランス語も習っていたそうなので3ヶ国語もしゃべれる才女なのです。

 

本人は日本語も英語もフランス語も中途半端だと言っておりましたがそれでもすごいと思います。

 

嫁がブサイクだと言われてる真相

内田也哉子さんは実はブサイクって言われているんだけれども、いや、普通に綺麗な人だなあとは思うけど、どうしてぶさいくって言われているのでしょうか?

真相としては母親の樹木希林さんの影響もあるそうなのです。

 

樹木希林さんは当時31歳の時に「寺内寛一郎一家」でおばあさん役を演じたそうなのです。

 

31歳でおばあさん役って年齢詐称が甚だしくてかなりすごいですね。

 

手の肌が綺麗すぎて手袋はめて演じていたらしいのです。

 

その時を振り返っての発言だったのですが・・・

 

樹木希林さんは「私は美人女優の系列に一度も入ったことがないから、ブスの代名詞みたいな感じ」という自虐の発言をしたそうなのです。

 

自分が美人ではなかったから人に見られて取り繕うという感覚もなく、55年間女優をすることができたという話らしいのです。

この時の自虐発言の影響で内田也哉子さんがブサイクと言われているそうなのです。

 

後は樹木希林さんが個性的で幅の広い役を演じているということもあるらしいのです。

 

あとは本木雅弘さんが男前な顔をしていて比べられてしまうのも原因の1つかと思います。

 

内田也哉子の弔辞が美しい

2019年9月に母の樹木希林さん、2020年3月に内田裕也さんがこの世を去ってしまわれました。

 

こちらは内田裕也さんのお別れ会での彼女の弔辞ですが、本当に言葉の一つ一つがユーモラスで美しいと思われます。(樹木希林さんの時も誌的でした)

 

彼女の人間性がみえるような弔辞が素晴らしかったです。

最後の英語で「安らかに眠らないでください。ただロックンロールを。」という言葉が父の内田裕也さんに向ける言葉として合っていると思わざるをえないです。

 

本木雅弘と内田也哉子の衝撃馴れ初めエピソード

こちらでは主に2人の馴れ初めエピソードをまとめてみました。

 

いったいどんなエピソードがあるのでしょうか?

 

それではいってみましょう!

 

2人の出会いは父の飲み会

2人の出会いはかなり唐突ではありました。

 

当時内田也哉子さんが15歳の時、内田裕也さんと樹木希林さんが別居している時でした。

 

それでも年に1回父の日には会ってたそうです・・・嫌々、強制的に(笑)

 

その年の父の日は内田裕也さんが待ち合わせに来なかったそうなのです。

 

つまり内田也哉子さんはすっぽかされるということをくらいました。

 

次の日に内田裕也さんから「寿司食ってるからこい」と言われて呼び出されたそうです。

 

指定された場所に行ったら内田裕也さんがプロデュースしている映画のキャストやスタッフがおりました。

 

その中の1人に本木雅弘さんがいたのです。

 

こうして2人は出会ったんだけれども、特に最初は恋愛対象としてはお互い意識はしてなかったそうです。

 

一部の漫画とかであるような出会って即恋に落ちる!という展開にはならなかったわけです。

 

年齢差が10歳離れているっていうことももちろんあったとは思うのですが・・・

 

それもそのはず、軽くあいさつはしたんだけれども・・・内田裕也さんに「お前はあっち座ってろ」と言われて1時間くらい1人で誰とも話さずに御飯を食べて帰ったというお話でした。

おお・・・当たり前じゃん。逆に恋に落ちたほうが奇跡だよ。
この話だけでも父の内田裕也さんがヤバいやつすぎるわ・・・

後日内田也哉子さんは述懐しておりますが、「すっぽかしてしまい父も気まずかったんだろうと、わびなければならないけれども1対1で会うと謝らなければならないからどさくさに紛れて呼んだ。」ということらしいのです。

 

中々破天荒な父親をお持ちですね。

 

ファーストインプレッションは顔見知りという程度・・・ここからどうやって結婚されたのでしょうか。

 

本木雅弘の仕事に内田也哉子が通訳として同行

その後本木雅弘さんの海外の仕事に通訳として同行することになったのが内田也哉子さんなのでした!

 

当時内田也哉子さんは16歳です!

 

その時にもう通訳のお仕事、しかも芸能人のお付きで!

 

あれ?君、学校は? 高校生ちゃうの?と、内心思ってしまいました。

 

事の詳細はというと、内田也哉子さんのもとに本木さんの事務所の社長と内田裕也さんが仲がよかったので、英語が話せて身の回りのアシスタントができる人を探しているという話がきたのだそうです。

 

日本で初めてアメリカのアカデミー賞をBSで生中継するという企画で、ナビゲーターを本木さんがやることになったそうなんだ。

 

そこで「1週間ほどバイトをしてみないか?」という話だったらしい。

 

仕事ではなくバイトだったのです。

 

普通に勘違いしていてすみませんでした。

 

映画が好きだった内田也哉子さんは二つ返事でオッケーしたそうなのです。

 

この時に2人で接点ができたそうなのですね。

 

しかしまだまだ結婚までの道が見えませんがこの後どうなったのでしょうか?

 

本木雅弘さんが彼女に惚れた理由に萌える

本木雅弘さんが彼女に惹かれた理由はいったいなんでしょうか?

 

その後スイスに留学することになっていたので2人で住所交換をして文通するに至ったわけです。

 

内田也哉子さんが通訳の仕事の際に接点をもった本木雅弘さん、次第に彼女のことを魅力的と思うようになったそうなんだ。

 

本木雅弘さんはルックスは若いのに仕草や佇まいが大人っぽいアンバランスさに惹かれていったそうなのです。

 

つまりギャップ萌えということじゃないですか!

 

ギャップ萌えによって内田也哉子さんに惹かれたということでした!

 

プロポーズの言葉が衝撃的!

そしてついに!

 

本木雅弘さんはなんと17歳の内田也哉子さんにプロポーズしたそうなんです!

 

17歳に対してプロポーズはすごい!

 

色々と誤解されてしまいそうな感じです(笑)

 

高校生ですよ高校生?!

 

いざ字面で表してみるとテンションが上がってしまう気がする!

 

場所は西麻布の割亭「川奈」というところです。

 

樹木希林さんが2人でちょっと話してきなさいという感じでセッティングしてくれたらしいのです。

 

その時の本木雅弘さんのプロポーズがこちら!

おおおお!なんて誌的な表現!?ロマンチックな台詞で素敵だなあとボクは思う!

高校生にプロポーズする男性を少しやべえ奴と思うのは私だけかしら?

しかもお花を渡して言ったらしいからなおさら素敵に感じます。

 

それでいて変に気取った感じもなく純粋な力強ささえ感じるほど!

 

プロポーズに対しての世間の反応

プロポーズに関しての世間の皆様の反応はこのようになってます。

イケメンは罪深いと思ってしまう所存であります。

基本的には肯定的な意見も多い中、このような意見もあるんだ。

ちょっと残念だけど「軽く引いた・・・」とか、「マジかよ」という反応が少数ながらあったりします。

 

それ以上に素敵だという意見が多いのですが。

 

結婚の決め手①プロポーズを受けて内田也哉子さんはどう思ったのか?

内田也哉子さん本人はプロポーズをうけた時にどう思っていたかというと・・・

 

「あ、きっとこの人頭おかしい人で誰にでもそういうことを言うひとじゃないか?」と思ったらしい。

 

おお・・・なんて辛辣(笑)

 

でも彼女からすると文通から結婚ですからね。

 

お付き合いどころか出会いはちゃんと自己紹介していない状態だったって言っておりましたし。

 

大事なことですが、この時点で2人はまだお付き合いをしておりません。

 

色々すっとばしすぎて違う意味でぶっとんでおります。

 

付き合う前にプロポーズをしてしまった本木雅弘さん。

 

きっと受け入れられたのでしょう。

 

樹木希林さんのこの言葉も後押しになったことでしょう。

 

こうしてみると母娘ともにしっかりとした考え方もっているなあ、と思ってしまいます。

 

後に内田也哉子さん本人が述懐しておりますが、「すばらしいような、くだらないようなところをもっとのぞいてみたかった。」だそうです。

 

知的な表現がとても素敵です。

 

結婚の決め手②初めて服を買ってもらったエピソードが素敵

内田也哉子さんは17歳の頃に本木雅弘さんに服を買ってもらったそうなのです。

 

きっかけは何かのお祝いだったらしいんだけど、連れていってくれたお店はコムデギャルソンのお店で、メンズのミリタリー的なオールインワンを選んだら「似合う」と言ってくれたそうなのです。

 

今でもその服は今でも大事に着ていると言っているそうです。

 

普通女の子らしいものを選ぶんだけど、内田也哉子さんは今まで服を買ったことが無かったらしいのです。

 

本木雅弘さんはかなり服が大好きで海外でファッションの修行をするのが夢だったというくらい服が大好きだと言っておりました。

 

この時は本木雅弘さんが17歳のガールフレンドに女の子らしい服やバックをプレゼントするわけでもありませんでした。

 

そこに違和感は感じなかったそうです。

 

コムデギャルソンの服を見た時に母の面影や生き方を感じたそうなのです。

 

樹木希林さんは極力ものをもたずにあるものを工夫するのが好きだったそうなんだ。

なんだかとてもほっこりするエピソードですね!

 

そしてそれを似合うと言ってくれた本木雅弘さん!

 

こうしたお話の積み重ねで内田也哉子さんも惹かれていったのかもしれません!

 

内田也哉子の留学中にスイスの寄宿学校に叔父として訪問する

その後、内田也哉子さんがスイスに留学中も文通で交際していたと言っておられます。

たまに叔父と称して訪問していたとも言われております。

それはまあ・・度々会いたくなりますよね(笑)

 

この行動はイケメンだから許される感じではありますけれども(笑)

 

本木雅弘が送った結婚指輪の値段がとても粋な計らい

こうして数年の交際を経た後に本木雅弘(29)さんと内田也哉子(19)さんは結ばれたのでした!

出典:https://www.pinterest.jp/pin/399553798193547557/

この結婚の際に本木雅弘さんが内田也哉子さんに送った指輪は88万5000円だそうなんだけど・・・

 

885ということは也哉子(ややこ)にかけてるのでしょうか?

 

とても粋な計らいなのではないかと思います。

 

上手くいかない結婚生活

さて、現代ではかなり普通とかけ離れた交際期間を経て結婚することができた2人でした。

 

結婚までが順調に思えたけど、ここからが大変だったのです。

 

交際期間を文通のみで過ごしたものだから、うまくいかないことばかりだったそうなのです。

 

付き合い始めのカップルが乗り越えるような壁を乗り越えなければならず、日常生活の瑣末なルールさえうまく着地点を見つけられず、お互いいろんなズレを感じながら過ごしていそうです。

 

中々難しいところですよね。

 

お互いの悪い点もまだ見えない段階で結婚スタートだったと思うので。

 

ちなみにここがターニングポイントだったんですけれども。

 

結婚2年目の終わりに2人は4ヶ月におよぶアメリカ旅行に行った時のことでした。

 

そこで内田也哉子さんは日頃の不満を爆発させてしまってホテルの窓から飛び降りそうになったと言われてます。

 

それを慌てて本木雅弘さんが止めたのですが。

 

かなりの大ゲンカになってしまったようなのです。

 

もう言葉が出ないぐらいのすごいエピソードですね。

 

しかしこの1件があってからというもの2人はお互いの距離感が少しずつわかってきたのだそうです。

 

もしかしたらこれまで喧嘩とかしたことなかったかもしれないですね。

 

喧嘩をしたからこそお互いのことが少しずつわかってきたのかもしれないのです。

 

夫婦が仲良くなる秘訣のお互いの考え方

夫婦のフィーリングが合う合わないについて、本木雅弘さん自身が言うには・・・

ある程度のところをすり合わせていくもの。人間なんてもともと絶対、違う者同士なんだから、それをどういう風にお互いが許容していくかってことが夫婦のカギなんだと思いますよ

引用:https://www.musicvoice.jp/news/20161013048998/

 

確かにその通りですよね。

 

お互いが相手に寄り添うという、とてもいい考え方ですよね。

 

わかっているけど中々できないことではあるのだけれど、大事にしていきたいことです。

 

ちなみに内田也哉子さんの考え方としては「相手に対して期待しないこと」と言っておりました。

 

こちらはお母さんである樹木希林さんの教えなのです。

 

家事でも何でも自分がしたいからすると思えば楽になれると言っておりまして、中々難しいことではありますが。

 

「なぜこうしてくれないの?」という気持ちが沸いたら「いやいや、期待しない。期待しない。」というようにもみ消すようにしてるそうなのです。

 

やはり夫婦間で長年にわたり考え続けたことが垣間見える発言だなあと思いました。

 

内田也哉子さんが夫に一目置いてる部分

あと本木雅弘さんに一目置いている部分もあると言っておりました。

 

忍耐強くて愚痴を言わない部分と大事な時には絶対風邪をひかない部分だそうです。

 

内田也哉子さんは愚痴は小出しに言った方がいいとは思うけれども、言っても仕方がないこととして捉えて自分の中で処理してしまうのだそうです。

 

風邪に関しては気合で乗り切れると言っていて撮影の仕事柄自分がいないと成立しない日とかもあるからそういう大事な日とかには絶対風邪をひかないと言われているそうです。

 

気合だけでは流石に限度があると思いますが(笑)

 

でもこういうことを聞いていると、長年連れ添ってお互いを理解している感じがでていてとても素敵だなあと感じてしまいます。

 

現在の夫婦の生活環境

こちらは本木雅弘さんと内田也哉子さんの現在の生活環境をまとめさせていただきました。

 

それではいってみましょう!

 

住居は総工費7億円の自宅で暮らしている

本木雅弘さんは2001年に総工費7億円する豪邸を建てて、そこで家族三世帯で暮らすことになったのです。

 

7億円!桁が違いすぎてなにそれこわい!?

 

樹木希林さんの提案で「年齢の離れた家族はいい影響を与えるので一緒に住まない?」という提案がはじまりでした。

 

樹木希林さんは内田裕也さんとかなり長い間別居中だったために内田裕也さんは結局ここには住まなかったそうです。

 

それが面白くなかったのか度々深夜に来襲してきては家の前で「ファッ〇ュー!俺はどうなるんだああああ!!」というように叫んだそうです。

 

その度に樹木希林さんは追い返し、本木雅弘さんは近所に謝って歩き、子供達は恐怖におびえてしまったそうです。

 

何度目かの襲来に来たある時、もう勘弁ならなくなったのかついにリアルファイトに発展してしまったそうです。

 

本木雅弘さんがタックルで抑えつけて樹木希林さんが鉄パイプで内田裕也さんをフルボッコにしてしまったそうです。

 

かなりやばいのですが、思わず笑ってしまうようなエピソードでした。

 

現在では樹木希林さんも内田裕也さんも既にこの世を去っているために今現在は本木雅弘さんと内田也哉子さんと子供達で暮らしております。

 

マスオさん同盟とは?

そして本木雅弘さんと木村拓哉さんはマスオさん同盟と言われております。

んん?どういうこと?これだけだと意味がわかりませんね。

 

本木雅弘さんは結婚した時に婿養子になったそうなのです。

 

理由は樹木希林さんが「婿養子になってほしい」とお願いしたからだと言われているのです。

 

娘が也哉子さんしかいないから、嫁いでしまうと内田の姓が途絶えてしまうからなのです。

 

婿養子で三世帯で暮らしていたのでマスオさん状態に近いということでそのように言われているんです。(今現在は2世帯です)

 

木村拓哉さんも現在は工藤静香さんの両親が住む実家の隣に自宅を建てて住んでいるらしい。

 

しかしそれ以前は工藤静香さんの実家にお世話になっていてマスオさん状態と言われていたそうなんです。

 

2人はジャニーズの先輩、後輩として共通点も多く、マスオさん同盟を組んで交流を深めているそうなのです。

 

マスオさんといえばサザエさん一家のイメージなので、とても微笑ましい光景を想像してしまうのでした。

本木雅弘と内田也哉子の子供を紹介!

さてこちらでは本木雅弘さんと内田也哉子さんの子供を紹介していきます。

2人の間に子供は3人いるらしく、男の子2人に女の子が1人と言われているのです。

1997年長男 内田雅楽(うちだうた)

1999年長女 内田伽羅(うちだきゃら)

2010年次男 内田玄兎(うちだげんと)

3人とも漫画で出てきそうな名前でとても強そうな感じがしますね。

 

長男の内田雅楽

長男が内田雅楽さんでなんと190㎝なのだそうです。

 

めちゃくちゃでかいな!本木雅弘さんをはるかに超える身長ですね。

 

小学校から続けているバスケを大学生でもやり続けているらしいのです。

 

バスケの名門であるドミニカン大学でバスケをしていると言われております。

 

この段階でとてもすごいのだけれども、さらにすごいことに内田雅楽さんはUTAとしてパリコレでデビューしていたのでした!

マジか!パリコレデビューしたのはすごいね!

 

ということはあのランウェイを歩いたということなんだよね。

 

ちょっと衣装が昔の格闘ゲームにでてきそうなやつっぽいけどそんなことはささいなことです。

他にもエルメスのショーモデルに抜擢されたり日本人初のイタリアの老舗誌の表紙を飾ったりしているらしいのです。

 

すごい!大活躍じゃないですか!親の七光りなんて言葉はふっとばせるレベルです。

 

長女・内田伽羅

続きまして紹介するのは長女の伽羅(きゃら)さんです。

 

12歳まで日本のインターナショナルスクールに就学し、その後はイギリスのロンドンにある学校へ留学されているそうなのです。

 

さらに女優デビューしていることが判明したと言われていて、なんと!「奇跡」や「あん」で樹木希林さんと共演したと言われております!

家族で共演される日がくるなんて・・・

 

こういった家族の縁というものは心にくるものがあるよね。

 

樹木希林さんもとても嬉しかったことでしょう。

 

次男・内田玄兎

3人目は内田玄兎(げんと)さんです。

命名の由来は古来の月の名称からきているそうです。

 

誕生した日は本木雅弘さんの祖母の通夜の日だったらしく、この生を授かったのは何かしらの意味があると思ったそうなのです。

 

「身をもって、受け渡されてゆく命の尊さを実感しています。」というように言っております。

長女の伽羅さんとは10歳離れているのでまだ小さいのです。

 

とても可愛らしいとお子さんだと思います。

 

内田也哉子さんもかなり甘やかしてしまっていたようなのです。

 

確かに下の男の子に対してはそうなってしまうのは仕方がないと思います。

 

本木雅弘プロフィール

名前:  本木雅弘(もときまさひろ)

生年月日:1965/12/21生まれ

星座:  いて座

血液型: A型

出身地: 埼玉

身長: 174cm

体重: 69kg

ジャニーズ事務所所属でシブガキ隊のメンバーだったのです。

 

当時トップアイドルに登りつめましたが1988年にシブガキ隊解散後に俳優に転身?!

 

解散後に「ファンシイダンス」で役に合わせて坊主頭で出演しました!

 

かつてのアイドルイメージを覆す体当たりの演技をみせてくれましたね。

 

「おくりびと」や大河ドラマ「徳川慶喜」などのヒット作の主演を務めております。

 

まとめ

View this post on Instagram

#内田也哉子 #yayakouchida #photography #portrait #astro

A post shared by 江原 英二 (@eiji.ebara) on

いかがだったでしょうか?

 

これまで長年夫婦としてお互い支えあってきた本木雅弘さんと内田也哉子さん。

 

初対面の時はある意味でおかしな出会いをして、その後通訳の仕事で行動を共にしてそして衝撃的なプロポーズをされた内田也哉子さんです。

 

文通という交際を経て結婚したものの互いにうまくいかずに衝突してしまった時もあったようだけれど、そこには確かな絆が生まれました。

 

ここまできた経緯を考えるととても感慨深いものはある気がするね。

 

今回はここまで、それではまた!

>thank you for reading

thank you for reading

I'm glad if you come to read me again

CTR IMG