マヂカルラブリー村上の高校は新城東高等学校!さわやか高身長のモテ男たったためにリア充爆発しろと思う!

今回は独特の漫才を繰り広げる漫才コンビのマヂカルラブリーの村上さんについてまとめさせていただきました。

 

今回はその村上さんの高校についてまとめさせていただきました。

 

村上さんはどちらの高校に通っていたのでしょうか?

 

また、どのような高校時代をすごされていたのでしょうか?

 

それではいってみましょう!

マヂカルラブリー村上の高校時代​

出典:https://www.instagram.com/

村上さんはどのような高校時代を過ごされたのでしょうか?

 

どのような高校生だったのかを調査していきました。

 

それではいってみましょう!

 

村上の高校時代の画像

こちらが高校時代の村上さんの画像です。

出典:https://www.youtube.com/

輪郭とかには面影のようなものは残ってますが、今の村上さんとは違って大分痩せております。

 

今の村上さんは100キロなので、大分違いますね。

 

かなりさわやか好青年だと思われます。

 

あと、実は村上というのは本名ではありませんでした!

 

村上じゃなくて鈴木だったんだ(笑)

本名が鈴木なのはちょっとおもしろくなってしまいました(笑)

ちなみに村上の前は斉藤だったらしい…
ややこしいわ~

ちなみに芸名を村上にした理由は東京大学物語が好きすぎてその主人公の名前が村上だったためだという理由でした。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=dv8AVchXfMk

 確かに東京大学物語は名作ではありますから、気持ちはわかります。

 

村上さんの芸名の正式名称は「村上飛車角抜きで斉藤」という芸名なのですが、公表しても滑るから言ってないと本人が言っておりました。

高校時代の村上はモテ男だった!

村上さんは高校時代はものすごいモテていたらしいのです。

 

他校の女子生徒から告白されるという高校生男子からすれば偉業や伝説ともいえるようなことを成し遂げたと言われてます。

 

自分のところの高校でもなく他校から告白されるってどんだけだよ(笑)

 

きっと、彼女もいらっしゃったことでしょう。

 

村上さんは長身で180㎝を越えるような割と大柄な身長で、高校時代の写真を見るとわりとさわやかで面白い人という高校生なのでモテる要素はわりと多いのではないかと思われます。

 

もちろん男女の間というのはそれだけでは成立しないのですが(何目線なの?)

 

まあ、いい青春を送られたようで何よりですね。

 

部活はソフトテニス部

村上さんの高校の時入部していた部活はソフトテニス部だと言われております。

 

ソフトテニス!?文科系のイメージがあったけど、意外と体育会系だった(笑)

 

よく考えたら高校時代モテていたというから、運動系の部活なのは納得です(文科系の部活の人はモテないとは言っていない)

 

基本的に成績優秀かと思われる

出典:https://www.instagram.com/

村上さんはトークで話しているところをみると割と頭がいいように思えます。

 

小さい頃から「こどもちゃれんじ」をしていたというので、おそらく勉強する癖がついていたのではないでしょうか?

 

というわけで村上さんは勉強するのに抵抗は無いと思われます。

 

それなりにいい成績をキープしていたのではないでしょうか。

 

特に頑張ったわけではないけれども村上さんは法政大学に進学したと言われております。

 

とはいっても部活や文化祭にもガッツリ参加して本格的に受験勉強をしたのはもう秋ぐらいだと言われております。

 

そこからは怒涛のスパートで、集中的に勉強をしたと言われております。

 

国語は得意だったので勉強はしなかったそうですが、古文と英語は単語を中心に、漢文は参考書を中心に勉強したそうです。

 

特に力を入れていたのは日本史で、「この時代までやろう」というように計画をたてて、教科書の太字ではなく注釈を中心に要点をまとめていくということをやっておりました。

 

「教科書の太字はみんな覚えてきて当然で、そこではあまり差がつかないから、あとは注釈レベルでの戦いになると思った」ということを言っていて、やはりこの人は頭いいんだなあと思いました。

 

結果教科書の注釈の部分を中心の試験だった法政大学との相性が良かったから、受かることができたそうです。

 

そんな村上さんの法政大学時代についてまとめさせていただきました。

関連記事

今回はマヂカルラブリー村上さんの大学についてまとめさせていただきたいと思われます。 村上さんはどちらの大学に通っていたのか? どのような大学生活をしていたのか? […]

合わせてお楽しみください。

 

クラスではどういうポジションだったのか?

村上さんはクラスの中心で面白い人間だったというわけではなく、みんなの中心から外れたところで面白いところをするポジションだったようです。

 

つまり自分のグループ内でわいわい楽しくやっているような人っだそうです。

 

その仲がいい友人内では中心だったと言われております。

担任の先生に対して常に(いやな意味ではなく)挑戦的でふざけて面白い感じにかわすような生徒だったと言われておりまして、ちょっとしたお調子者だったのかもしれません。

 

やはり高校の時からお笑いの道に進みたかった

村上さんは文化祭で喜劇よりの演劇を作ったり、友人と漫才をやっていたのだそうです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=1JQ2_Nkck0c

演劇を作る時は、担任の先生が演劇部だったこともあり、先生が手伝おうとしましたが、村上さんは「いや、先生の手は借りずにやる」と言ったそうです。

 

きっと自分自身の手でつくりあげたかったのでしょう。

文化祭で高校生の友達と漫才をやったそうですが、その出し物が終わった後に友達に「俺はお笑い芸人になりたい」と熱く語ったそうです。

 

やはり高校生の頃からお笑いをやりたかったのでしょう。

 

その友達は冗談を言っていると思い、「いや、絶対無理だって」と言いましたが、それを言われて村上さんは真剣に怒ったので、「ああ、本気でお笑い芸人になりたいんだ」と感じだと言われております。

 

高校生の頃からそのような熱い想いがあったのでしょうね。

 

ちなみにお笑いの道に進みたいという想いもありましたが、そうでなければ国語の先生になりたいと思っていたそうです。

 

担任が古文の先生だったことと、村上さん自身が言葉遊びがとても好きだからだと言われております。

 

意外と堅実だった(笑)

マヂカルラブリー村上が通っていた新城東高等学校について

 出典:https://shinshirohigashi-h.aichi-c.ed.jp/

ここからはマヂカルラブリー村上さんが通っていた新城東高等学校についてまとめていきます。

 

いったいどちらの高校なのでしょうか?

 

それではいってみましょう!

 

高校の場所・母校は現在閉校している

こちらの高校は2021年3月31日に閉校となったそうです。

 

村上さんが通った期間は2000年4月~2003年3月までと言われております。

 

廃校になってしまい、村上さんも何かしら思うこともあったのではないか思います。

 

旧校舎の場所はこちらです。

おそらく村上さんは電車で茶臼山駅まで通ってそこから徒歩で通学していたのではないかと思われます。

 

ちなみに新たに愛知県立新城有教館高等学校と変わったそうです(合併ということになったのかな?)

 

ちなみに合併後の場所はこちらです。

出典:https://shinshiroyukyokan-h.aichi-c.ed.jp/

大分市街地よりになりましたね。

偏差値

出典:https://www.instagram.com/

偏差値でいえば40~48とそんなに高いわけではないのですが、村上さんだったらわりと余裕だったのではないでしょうか?

 

バリバリの進学校という感じではないのですが、それなりに勉強はしっかりと教えていると言われております。

 

文武両道の理念がありまして、クラブ活動にもそれなりに力をいれていて全国大会出場になった部活動もあったそうです。

 

番外編・マヂラブ村上が通っていた中学校は鳳来中学校

こちらは番外編として村上さんが通っていた中学校は新城市立鳳来中学校だと言われております。

中学校の場所はこちらです。

ちなみにマジラブ村上さんは、小学校時代は近場の新城市立鳳来中部小学校に通っていたそうです。

 

なので、こちらの周辺はガチで村上さんの実家の近くの可能性が高いです。

実家の近辺ではこのような風景が広がっているそうです。

 

めちゃくちゃ田舎で荒んだ心が落ち着いていきそうです。

 

調査してみたところ近場に通いたい高校が無いために、村上さんは電車で新城東高等学校にかよったのかもしれませんね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回はマジカルラブリー村上さんの通われていた高校についてまとめていきました。

・高校時代の村上は今より痩せていてさわやか

・村上の高校時代は他校から告白されるぐらいモテ男だった

・村上は高校の時からお笑いがやりたかった

・村上の出身高校は新城東高等学校

・今現在新城東高等学校は閉校している

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

 

それではまた!

>thank you for reading

thank you for reading

I'm glad if you come to read me again

CTR IMG