花總まりが結婚していない理由を検証!レズビアン疑惑あり?逸話が伝説的すぎて世の男性達が気後れしたりドン引きしている可能性あり!

こんにちは!今回の記事は元宝塚のトップスターである花總まりさんについてまとめてみました。

 

花總まりさんは宝塚を退団しておりますが、女帝と呼ばれたトップスターでした。

 

現在は芸能活動をしておりますが、元宝塚の女優としてかなり可憐な印象をふりまいております。

 

今回は花總まりさんの恋愛事情を調査してみました。

今現在結婚はされておりませんが、花總まりさんははたして結婚するのでしょうか?

結婚しない理由はあるのでしょうか?

 

彼女の様々な逸話がありますがそれが関係しているのでしょうか?

 

それではプロフィールからどうぞ!

花總まりのプロフィール

View this post on Instagram

今日は暖かくて気持ち良かった〜🤗 レッスン帰りに自撮り🤳

A post shared by 花總まりmarihanafusa (@hanafusamari_official) on

名前は、はなふさまりと読みます。

 

花總まりさんは中学の頃に宝塚の舞台を観劇して宝塚の舞台に興味をもちます。

 

音大に進学する予定ではありましたが、「宝塚だったら色々学べそう」と思い宝塚音楽学校を受験して一発合格します。

当時の宝塚音楽学校は今以上に難関だったそうなのです! 半端ないですね!

 

名前:花總まり(はなふさまり)

本名:醍醐まり子(だいごまりこ)

生年月日:1973年2月28日

身長:163cm

血液型:O型

出身地:東京都

特技:ヴァイオリン タップダンス

趣味:ダイビング 読書 ピラティス ウォーキング

入団した花總まりさんは入団3年目で一路真輝さんの相手役として娘役トップに踊り出ることになりました。

 

花總まりさんは退団まで12年3ヶ月という宝塚史上最長娘役を演じられたということで女帝と言われるようになりました。

花總まりはまだ結婚していない

40代になってもきれいな花總まりさんですが現在結婚はしておりません。

 

これだけきれいな人なので素敵な旦那さんがいらっしゃると思って調べてみたのですが、どうやらまだ結婚はされていないようです。

 

いったいどうしてでしょうか?

 

花總まりが結婚していない理由

花總まりさんが結婚していない理由を諸々調査および、考察していきました。

 

それではいってみましょう!

 

理由①実家がすごい大金持ち説

花總まりさんのなんでも「実家はすんごいお金持ちなのでは?}と言われております。

 

皇族の血を引いているとか親が不動産をしているとか言われておりますが確証は特にはないというところです。

 

本名が醍醐まり子さんなので醍醐不動産のご息女なのでは?とも言われておりますが調べたところ繋がりはみれませんでした。

 

お母さんが松竹歌劇団の青江奈美さんなので、芸事を生業としている血筋からきている噂かもしれません。

 

しかし、幼いころからバレエやバイオリンを習っていることから少なくとも中流階級以上は間違いないかと思われます。

 

もしも実家が不動産とかならば(心の中でラッキー!という人もいるかもしれないが)世の男性が気後れしてしまいそう・・・

 

理由②伝説や逸話がすごすぎるので、引いている説

花總まりさんにはお金に関しての様々な逸話があります。

・入団してから最初の大役、「白夜伝説」のミーミル役をお金で買った。

・衣装は全部自前(1000万円~2000万円)

・新東京宝塚劇場に緞帳(どんちょう)をプレゼントした(総額で1000万いったりする)

・大劇場へ徒歩で数分でいける家賃が高いマンションに住んでいる

 

・緞帳(どんちょう)というのは舞台の前で巻いてあげおろしする舞台で使う幕のことをさします。

 

お金関係の伝説がすごすぎますね。

 

真偽のほどはわかりませんが(流石に役をお金で買うはないでしょう)、実家が大金持ちなら全て可能なわけです。

 

事実としたらなんともスケールの大きい話ですね。

 

結婚するとなったら彼女の存在が大きすぎて引いてしまうかもしれませんね。

理由③和央ようかとの同性愛関係説

花總まりさんが結婚しない理由は実は同性愛者なのではないかと言われております。

 

そのお相手は元宝塚歌劇団の和央ようかさん。

このように言われるまでになったというのはどういう経緯があるのでしょうか?

 

和央ようかさんは宝塚歌劇団の元宙組で男役のトップスターをはっておりました。

 

娘役のトップをはっていた花總まりさんとはかなり息の合ったコンビでよく恋人役で共演してました。

 

一部のファンからはこのまま結婚間近なんじゃない?!とまで言われておりました。

 

実はこれは単なるただのファンの願望だったりするので、真実は不明でございます。

 

しかし2006年に花總まりさん、和央ようかさんは同時退団という形になりました。

 

同時退団をしたことによって「2人はただならぬ関係ではないか?」と噂に拍車をかけるような形になったわけですが。

 

しかも10年以上宝塚娘組をひっぱってきたと言われいた花總まりさんの引退が男役の添え物のような地味な形で行われたのもあります。

 

宝塚側の意向はわかりませんが2人の間に何かあったんじゃないかと思われる要素になったようです。

 

和央ようかさんは宝塚退団後Wao Enterpriseという事務所を立ち上げます。
花總まりさんは同事務所のマネージャーに就任するわけですが、2010年花總まりさんは事務所を離れ芸能界に復帰することになります。

 

その後2014年に和央ようかさんはアメリカの作曲家であるフランク・ワイルドホーンさんと結婚することになりました。

この事実に対して、「え?2人って破局したの?」という声にまで発展してしまいました。

 

真実がどうかはわかりませんが、今のところは信憑性が低い噂の域はでないお話だと思っております

 

理由④舞台はハードなスケジュール、やばいぐらいエネルギーを使うから

花總まりさんは舞台をメインとしておりますが、舞台は基本的に拘束時間がとても長いうえに使うエネルギーも半端ないと言われております。

 

忙しすぎて恋愛している暇がないというのが一番可能性があるような気がしますね。

 

確かに凄まじい体力とエネルギーを使っている花總まりさんなので、今は舞台に熱中している最中なのかもしれませんね。

 

2020年現在ですと自粛により、舞台が中止や延期になるところが多いのです。

 

なので、もしかしたらこの期間に恋愛したうえで結婚までいったりするのか?

 

まだわからないことですけどね。

 

理由⑤花總まりがきれいすぎる

花總まりさんの年齢は現在47歳です。

 

こちらの年齢を知った際には衝撃的で色々と声があがっております。

このような声が多く、世間では花總まりさんは奇跡の40代だと言われております。

 

確かに40代とは思えないくらい綺麗ですね30代前半でも通用してもおかしくない感じですね。

 

あまりに肌がきれいなので化粧品の広告に出演されたりでかなりすごいことなんじゃないでしょうか!?

 

こんなにきれいだから結婚したい人はたくさんいると思われますが・・・

 

もしかしたら綺麗すぎるので逆に引け目を感じてしまって結婚にたどりつかないのかもしれませんね。

花總まりの結婚についての世間の声

こちらが花總まりさんの結婚に対しての世間の声です。

花總まりさんは結婚しないことがステータスみたいになってて草生えますね(笑)

 

花總まりの結婚観

花總まりさんの結婚観は今現在のところ不明となっております。

 

花總まりさんは舞台の設定上でお互い好き同士だと、入り込みすぎて本気で好きになってしまうそうなのです。

 

というわけでこれから花總まりさんがお付き合いして結婚するのは共演者である可能性が高いということですね。

 

花總まりと結婚する可能性のある人は?

それなら現在お付き合いしている人はいらっしゃるのでしょうか?

 

こちらも調査してみたところ俳優の石丸幹二さんとお付き合いしているのではないかと言われております。

確かに頻繁に共演されているのもあります、夫婦役を演じたこともある間柄でもあります。

 

年齢的にも54歳と47歳でつりあっていると思われます。

 

稽古場でもかなり仲がいいとの噂にもなっております。

 

しかし花總まりさんのブログなどでは1年ぶりに再会したとかでしばらく会っていなかったそうです。

 

上記の石丸幹二さんのTwitterでも久しぶりに会ったことを言っております。

 

週刊誌などでもとりあげられていないので、おそらく仲のいい共演者といったところではないでしょうか?
しかし突然結婚を発表する芸能人もいらっしゃる昨今、どうなるかはわかりませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は花總まりさんが結婚しない理由に焦点を向けて書いていきました。

 

・花總まりさんという存在が素晴らしすぎて世の男性達が引け目を感じてしまう

・和央ようかさんとただならない関係というのはデマの可能性が高い

・花總まりさんは舞台設定で好き同士だと本気になって恋におちる可能性がある

・石丸幹二さんとは付き合ってはいない

 

今現在結婚してませんがいきなり結婚報道される可能性もあります。

芸能活動に集中している花總まりさんですが気長にまっていたいと思います

>thank you for reading

thank you for reading

I'm glad if you come to read me again

CTR IMG