エイトブリッジの別府ちゃん、発達障害説を検証?!ただの天然なのか本当はどっち?

さて!本日はお笑いコンビでありますエイトブリッジの別府ともひこさんについてピックアップしていきましょう。

 

おもしろ荘で優勝したエイトブリッジですが、最近メディア関連でフューチャーされ始めております。

 

お笑いコンビのスタイルとしては別府ともひこさんの的外れのツッコミに相方の篠栗さんが逆に突っ込むというスタイルです。

別府ともひこさんのツッコミが的外れすぎておもしろいです。

 

こちらの別府ともひこさんは、テレビ出演している時も天然な行動が目立ちます。

 

その天然の行動がありえなさすぎて、もしかしたら発達障害なのではないか?ということが言われております。

 

本人にとっては不名誉極まりないと思われますが・・・

 

別府ちゃんは発達障害なのか、ただの天然なのかどっちなのか検証してみました。

エイトブリッジの別府ちゃんの障害疑惑は誤解?!

先に答えを言ってしまうと、別府ともひこさんは障害ではありませんでした。

 

病院に行って検査を行ってきたら発達障害ではなかったそうです。

 

何事もなくてよかったですね。

 

まあ、逆を言うと検査に行ったということはそれだけ普段すごい行動をしていたということなんですけどね・・・

 

発達障害だと間違われたきっかけは何なんでしょうね?

別府ちゃんが障害だと思われたわれたきっかけは?

別府ともひこさんが障害と思われた最初のきっかけはプロフィール欄にあるかもしれません。

 

こちらが別府ともひこさんのプロフィールです。

こちらの特技の一覧なのですが・・・

・九九を全力で間違えることができる

・右手のみ3の指ができない

・ら行が言えない

これらを何で特技にした(笑)って感じですけれども。

 

確かに別府ちゃんは、ら行がかなり言えないようです。

ほぼ言えてなく聞こえてるか聞こえないかわからない状態です。

右手のみ3の指ができないというのは人によってはできない人がいるかもしれません。

 

九九を全力で間違えることができるというのは・・・堂々と言えない。

 

ちなみに別府ともひこさんは中卒なのです。

 

九九は習っているはずなんだけどなあ・・・と思ってしまいます。

 

これらの情報が、障害をもっているのではないかという誤解につながったのではないかと思われます。

 

ちなみに別府ともひこさんは、クリームシチューの有田さんの運転手をしているそうなのです。

・運転中に右に行ってと支持されたのに左に行く。

・有田さんを車で迎えにいかなければいけないのに飲み会でお酒を飲んでしまって迎えに行かず怒られる。

 

ということをやっております。

 

どうやら別府ちゃんはかなりの天然なのではないかと思います。

 

他にも様々な仰天エピソードがたくさんあるのです。

 

障害と間違われた伝説級天然エピソード

こちらから別府ともひこさんの天然エピソードを紹介していきます。

 

ちょっと大丈夫なのかなあ?と思うものまであります。

 

障害と間違われてもしょうがないのでは?とかほんの少し思ってしまいます。

 

最早伝説になるほどではないかと思います。

 

収録中に盛大にお漏らし

「ウチのガヤがすみません」の本番中のことでした。

 

エイトブリッジも収録に参加するべく待機しておりました。

 

収録が始まった途端に別府ちゃんが猛烈な尿意を覚えてしまったそうなのです。

 

緊張しすぎて水を飲みすぎたのが原因らしいのです。

 

しかし、収録の止め方がわからなかったそうなので我慢してました。

 

そして付近のペットボトルに隙をみつけて排尿しようと試みますが、うまくいかずに・・・

 

そのまま自分達の出番がきたときに「すみません!トイレ行っていきていいですか?」と言います。

 

「は?」という空気が流れたそうですが、別府ちゃんはトイレに駆け込んだそうです。

 

しかしトイレに辿りつく前にお漏らしされてしまったようなのです。

 

ズボンがびちょびちょの状態で戻ってきた別府ちゃん。

 

「手を洗ってズボンで拭いちゃいました。」と嘘をつきましたが通用しなかったそうです。

 

プロデューサーも呆れてしまったそうです。

やらかしてしまいましたが、ツッコミどころが多すぎる話題ではあります。

まず、どうしてペットボトルにいれようかと思ったのか激しく問い正したい気分だね(笑)
きっと脳の神経が枯れてしまったんじゃないかな?
おいやめろ。もう少しオブラードに包んで言おうよ。

これを聞いた一般の方々は・・・

もちろんドン引きした人もいらっしゃるかと思いますが・・・

 

否定的な意見は特にありませんでした。

 

別府ちゃんはとても愛されていると思いました。

パンを食べた時に倒れてしまった

ある日別府ちゃんが、パンを食べている時でした。(別府ちゃんはパンが好き)

 

道端で急に別府ちゃんが倒れてしまったそうなのです。

 

そして通りすがりのおばあさんに助けられて病院に運びこまれてしまったそうです。

 

お医者さんにみてもらった結果「君、食べ物を食べる時に息してないよ。」と言われてしまったそうです。

 

別府ちゃんは食べ物を食べる時に夢中になって呼吸を忘れてしまうそうです。

 

最後にお医者さんに「う~ん、君はバカなんだね」と言われてしまったそうです。

 

そんな人いるか?!っていう思いでいっぱいになってしまいます。

天然すぎて可愛いって言うけど、ボクとしては別府ちゃんが心配になっちゃうなあ。
私にとっての別府ちゃんは、ただただやべえやつだわ・・・

事務所の先輩に手料理

別府ちゃんは先輩であるくりぃむしちゅーの有田さんに誕生日に手作り弁当を作ってきたそうなのです。

         出典:https://az-knowledge.com/beppuchan

何を言っているのかわからないかもしれませんが・・・

 

どうして有田さんに手作り弁当を作ってきたのかというと、ロケ弁ばかり食べていると栄養が偏っているからだそうです。

 

それをもらった時の有田さんの反応は・・・

「気持ちわりいよ!彼女じゃねえんだよ!」

とボロクソに言われておりました。

 

もちろん愛のあるツッコミとしてですが。

 

それは確かにそう言われてしまいますよね。

 

別府ちゃんは漢字が苦手

どうやら別府ちゃんは師走(シワス)をシソウと読んでしまっているらしいのです。

 

しかも「あれ?シソウのこと知らないんですか~?」とバカにしてきたそうなんです。

 

イラっとすること間違いないです(笑)

 

「知らないのはおめえだよ。」って思ってしまいます。

 

麺を食べると見せかけて

別府ちゃんが麺をすするとみせかけて・・・スープを飲むという秀逸なフェイントをかましてくれました。

 

これを計算でやっているとしたら半端ないと思うのです。

 

天然でも面白いですけどね。

 

食レポのコメントも秀逸

別府ちゃんが豆乳ゆばプリンを食べた時のラスト5秒の食レポが「プリンみたい・・・」って中々秀逸すぎます(笑)

 

「あんたプリン食べとるやないか~い!」って言いたくなります。

 

消費税の計算ができない

別府ちゃんは3人兄弟で別府ちゃんが三男なのです。
ある時の会話で
長男「1000円に消費税8%ついたらいくらになるんだ?」
別府ちゃん(23)「1008円」
次男(25)「違うよ。8%だから8をかけるんだ。だから8000円だな。」
いや、全然違う(笑)
「この人たち何言ってんだ?」という感じになります。
次男のお兄さんもそこそこ極まっております。
1番上のお兄さんはとても賢いそうです。
別府ちゃんが言うには「大学に行こうとしていた」そうなので。

いじめに気付いていない

驚くべきことに実は別府ちゃんはいじめられていたらしいのです。
しかし成人式で昔の同級生に会って「中学生の時にいじめてごめんな。」と言われた時に、初めて自分がいじめられていたことに気付いたのです。
それまで全く気付いていなかったそうなんです。
いじめの内容がかなりディープな部類でした。
登校したら机の上に花瓶があったり、くつに画鋲をいれられたり、1日中シカトされたりとしたそうです。
重い・・・重すぎる・・・
しかし別府ちゃんは花瓶が置いてあっても花を食べて皆を笑わせたりしてました。
「なるほど、こういうふうにしたらみんなにウケるんだ。」と考えてたそうです。
画鋲入りの靴をはいた時もリアクションで笑わせたりしたそうです。
1日シカトも1人をターゲットにしてずっと話かけまくり、5時間かけて「ごめん、負けたわ。」と言わせたそうなんです。
みんなとしては「もう別府を無視できねえな。」となったそうです。
別府ちゃんは「そういうゲームもあるんだなあ。」くらいの印象だったようです。

この話を聞いて世間の反応はメンタルやばいなあと思ったそうです。
確かに普通の人だったら心が折れてもおかしくないくらいのことですからね。
いじられキャラでありながらかなり株があがったのではないでしょうか?

太陽と月は同じものと思っていた時期がありました。

別府ちゃんは中学校1年生まで太陽と月が同じものと思ってたらしいです。
別府ちゃんと次男のお兄さんが銭湯に行ったときのことでした。

次男「今日学校で言ってたんだけど、太陽と月は別物らしいぞ。」

別府ちゃん「マジで?!!」
大声でしゃべっていたらこのことが女子風呂の方に聞こえてたらしく、近所の人達におバカ認定されてしまったそうなのです。

日本には和食しかないと思ってた

お笑いの道に進みたいと思っていた別府ちゃんなので高校中退してしまったそうです。

 

かなり思いきったことをしました。

 

しかし母親からは手に職をつけてほしいということでたまたま中華料理の店で修行を積むことになります。

 

その時に日本には「和食しかないものだ」と思っていた、と驚愕したそうです。

 

別府ちゃんにとっては世の中は未知の発見にあふれているようです。

 

ちなみに別府ちゃんは3年修行したのでバリバリ料理は作れるそうなんです。

 

肉に見えるけども

確かに肉に見えてしまいますが、実際はフルーツでした。

 

わかります。グレープフルーツの果肉の部分が肉っぽいのもわかります。

 

本当に天才だなあと思いました。

 

発達障害の特徴

そもそも発達障害の方はどんな特徴なのでしょうか?

 

別府ちゃんと照らしあわせてみましょう。

 

ちなみに発達障害の中にも色々な種類があるらしいのです。

 

簡単にまとめてみました。

集団行動が苦手

コミュニケーションがうまくいかない

興味や行動が偏る

抜けや漏れ、忘れが多い

注意が払えない

順序立てての説明が難しい

文字や文章の読んだり書いたりする速度が遅い

文章の意味が理解するのが難しい

計算が苦手

発音が正確ではない

身体を思うように動かすのが苦手

手先が不器用で細かい作業を苦手とする

集団行動も苦手だったりするのは別府ちゃんにはあてはまらないかと思います。

 

多少コミュニケーションが的外れなことはありますが、障害がある感じではないと思われます。

 

確かに発音が正確ではないというのもありまして、別府ちゃんはら行が言えないので当てはまる部分は無いわけではありません。

 

別府ちゃんは漢字の読みも怪しいし、九九を間違えたりします。

 

しかし中卒という面もありますし、勉強に興味が無かっただけかもしれません。

 

別府ちゃんは中華の仕事をしている際に怒られながらではありますが、必死に勉強したら料理の腕がかなりあがったそうです。

 

その他のことも、色々と練習したらそれなりにできるようになるのではないかと思われます。

 

別府ちゃんは料理が得意なので、料理をする際の包丁さばきがすごく早いのです。

 

バスケットのフリースローも外さないと言われております。

 

というわけでこちらの障害はあてはまらないのではないかと思われます。

 

以上のことで別府ちゃんはやはり障害ではなく、天然おバカだと思われます。

別府ちゃん本人はどう思っているのか?

別府ちゃんのことを天然とみなし、なおかつ障害をもっているとまで思う人もいます。

 

別府ちゃん本人としてはどう思っているのでしょうか?

 

もしかしたら上手くいかない自分が嫌で自分を責めて傷ついていたりするのでしょうか?

この動画を見る感じでは全く気にしてなさそうですね。

 

むしろ笑ってくれて嬉しいとまで思っているのかもしれません。

 

ひどいいじめを受けていても全く気にしなかった別府ちゃんなのでこのくらいではへこんだり傷ついたりしないのかもしれないですね。

 

天然な別府ちゃんはまわりからどう思われているのか?

 

View this post on Instagram

 

インスタばえー〜!!

A post shared by 別府ともひこ エイトブリッジ (@kounotomohiko) on

別府ちゃんは結局障害ではありませんでしたが、それなりにやらかしております。

 

これだけ色々なことをやらかしてきました別府ちゃんではありますが・・・

 

周囲の人はどう思っているのでしょうか?ムカついたり、ドン引きしていたりするのでしょうか?

 

むしろ別府ちゃんは嫌われているどころかとても愛されておりました。

冷静に考えれば本人に悪意は無いのですが、相当とんでもないことをしたりしております。

 

しかしそれでも笑いがおきたりするのは本人の人柄や天然なキャラクターが大きいと思います。

 

周りにバカや天然と言われても別府ちゃんは底抜けに明るくポジティブに過ごしております。

 

別府ちゃんのその性格が少しうらやましくなります。

 

見ていると幸せになれるタイプですね。

 

今後もそのままの別府ちゃんでいてほしいと思います。

 

今回はここまで、それではまた!

>thank you for reading

thank you for reading

I'm glad if you come to read me again

CTR IMG